2010-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小柴文佳の3日間(2)

朝7時、文佳の携帯のアラームがなる。どんなに疲れていてもスタイルは変えない。
パジャマのままシャワーを浴びた。その姿も撮影した。着替えて朝ご飯のあと、パーカーとシャツをしまった。

ベッドに横になり、あの日のことを思い出していた―――

文佳には稔という幼なじみがいた。稔は小学校卒業と同時に父親の仕事の都合で地元を離れることになった。今の世の中は便利で、インターネット電話やメールなど、どんなに離れていても簡単に通じ合うことができる。だからすぐに連絡を取り合い、写真を送ったり、電話したりしている。
稔は思春期が早かった。性のことについて、文佳はいろいろな事を教えられた。だいたいが本の受け売りだったが、それでも多くのことを学んだ。胸の膨らみや初潮、性行為に至るまで。
文佳は稔に好意と興味を持ち、どんなことに興奮するか聞いた。
「えっ、俺は・・・服を着たまま、シャワー浴びたりしてずぶ濡れになること。」
「・・・それはあたしがってこと?」
「両方。自分もずぶ濡れになれば興奮するし、フミが水浸しになればそれも興奮する」

その日はまだまだ寒い冬だった。文佳はその日、親のいない時間を見計らって、稔と体操服を着て、お風呂でびしょ濡れになった。全身ずぶ濡れになるとなぜだか自分も興奮してきた。濡れた服の貼り付き、イケナイ事をしているという罪悪感。
その日、文佳は稔に処女を捧げた。文佳は今でも初めてが稔で良かったと思っている。

小柴文佳の3日間(2) »

小柴文佳の3日間 (1)

「文佳、本当に3日間も大丈夫か?」
「平気だよ。あたしだってもう中学生だよ。一人でお留守番ぐらいできるって。」
小柴夫妻は今日から夫婦水入らずの温泉旅行に出かける。20周年の結婚記念日を真ん中に含めた2泊3日。文佳は初めて一人で3日間留守番をするのだ。
「フミちゃん、なにかあったら、遠慮なく電話してね。」
母が心配そうに言う
「うん、それじゃ、行ってらっしゃい!」
文佳はいつも通りの元気な笑顔で答えた。
「行ってきま~す。よろしくね!」

「さて、と・・・」
文佳は車が去っていくのを見送って、忘れ物を取りに戻ってこないことを確かめるために30分テレビを見ながら待つと、冬のセーラー服に着替えた。
まだまだ夏休み。制服はタンスから出してきた。少しタンスの中の独特のにおいがする。
これから自分がすることに対する高揚感と、期待。あの日味わった興奮、ずっと胸に秘めてきたあの悦楽。この3日はそのために生活の全部を『それ』に捧げる。
まず友達からの連絡を絶った。自分も旅行に付いて行ってることにしたのだ。
それから、親には友達のところに出かけるかもと伝えた。心配させないように、泊まりはしないつもりだけど、とも付け加えて。

小柴文佳の3日間 (1) »

Under The Water Cafe -Tetsu-

薫り高いコーヒーとは違うが、そこそこ味わえる。
終わって帰ってくると喉が渇くから、大して美味しいわけではないこの喫茶スペースで、いつも1杯ずつコーヒーを飲む。
もはやヘビーユーザーだ。存在を知ってから僕は毎週土曜日には必ずここへ妻の萌菜を誘う。決まってコースはC。

「てっちゃん、飲み物何にする?」
萌菜はいつも相当楽しみにしているみたいだ。今日も更衣室に入る前からそういっていた。
萌菜は黒のデニムに白い長袖Tシャツを着ているように見える。でもその下にコスプレ用の体操服を着ていることを僕は知っている。僕は白のゴルフシャツに水色のベスト、いつもの黒い方の綿パンを穿いていた。
二人でカードを見せて中に入る。衣装はそのまま。着替えだけ置いてすぐにドアを開けた。萌菜は子供のようにてててっと走って席に向かった。萌菜はお尻がぷりっとして大きい。ついつい僕はその可愛いお尻を見てしまった。

席についてジュースを一気飲みする。萌菜は先に飲み終わると、僕を待たずに赤いボタンを押した。
灰色の粘っこい泥が全身を襲う。降り出すギリギリに飲み終えたが、ストローから口を離すより先に泥が降り注いだ。全身泥まみれになる僕と萌菜。顔を上げて泥を顔中にも受け止めた。しばらく浴び続け、萌菜が泥シャワーを止めた。萌菜はもう誰だかわからない。灰色の顔に灰色の髪の毛。服も何色だったか忘れるくらい泥んこだ。
いつも通り僕らはプールに行った。プールも泥。プールサイドで萌菜は寝そべり、僕は萌菜の両足を掴んで萌菜を逆さ吊りにした。べっとりと汚れたお尻がたまらなく可愛い。
吊ったままプールの真上に行き、ゆっくり時間をかけて降ろしていく。萌菜は息を止めたまま泥に沈んでいく。ひざまでゆっくり沈めると、一度ぱっと手を離し、すぐに足をもう一度掴んで引き上げた。
萌菜からは泥の固まりがボトボト落ちた。全身が出て、萌菜をプールサイドに寝かせると、間髪入れずに萌菜を抱き上げて泥の中に放り込んだ。萌菜は泥まみれの手で鼻から泥を出し、耳から泥を出した。その間にも萌菜はずんずん泥の中に沈み、やがて見えなくなった。しばらく放っておくと萌菜は自力で泥から顔を出し、這い出るように泥から上がった。
一度席に戻り、萌菜は服を脱いだ。下に着ていた体操服も既に見事に泥まみれだったが、その下はまだ汚れていない部分もあった。
僕は赤ボタンを押してシャワーを出すと、萌菜の席に移り、萌菜を優しく愛撫した。しながら泥を全身に塗り、顔や髪にも愛撫を重ねた。萌菜は抵抗もせず、ブルマをずらしてそのままエッチをした。

事がすむと、萌菜は自分でプールに入っていった。僕はシャワーを止め、萌菜の泥まみれの服をたたむと、席で休んだ。

萌菜は遊び終わると、僕にキスをした。最後に少しだけ泥シャワーを浴びて帰り支度をした。

Under The Water Cafe -Hiro-

「喫煙席ですか?」
店員のその言葉が終わらないうちに二人で会員カードをかざした。店員は理解したようにカーテンの奥へ案内した。
衣装部屋を通り過ぎ、更衣室へ。ミサキは今着ている白のブラウスと薄いピンクのロングスカートで行くらしい。普段のつけ爪はここへ来るときは外してくる。俺も靴下を脱いだ。
「黒沢様、よろしいでしょうか」
ドアの向こうから店員の声がした。ミサキのメイク落としを待ち、ドアを開けた。
「本日はどちらをご利用ですか?」
「B」
俺は短く答えた。
「ドリンクはいかが致しましょうか」
ミサキが答えた。
「アイスコーヒー二つね。」
「かしこまりました。3番テーブルにどうぞ。」
Bコースのドアを開け、入った。

建物の構造上Bコースは廊下が長いが、基本的な構造はどのコースも同じ。中心にプールがあり、人魚像がある。その周りを通路が囲い、座席がその外側。
3番テーブルには既にアイスコーヒーが並んでいた。ミサキは俺の横に座り、二人で一気に飲み干した。飲み終わるとすぐに赤いボタンを押した。
Bコースの天井には大きな管がそれぞれの席の上に1本。その管から大量のローションが俺とミサキを覆った。ミサキは丁寧に体に塗り、俺も塗った。体に浴びながらキスをした。
「フフ、気持ちいい」
ミサキは全身ヌルヌルになったようだ。俺も丁度全身ヌルヌルだ。

「ヒロはもう慣れちゃった?」
「いや、気持ちいいぜ」
ここに来るのはもう5回目。ミサキに誘われてここの存在と全身ローションまみれの気持ちよさを知った。


ミサキとの出会いはライブ会場だった。俺は『BlAck Angel』のリーダーでギター。半年前のライブで、対バンの一つだった『Elizabeth』でボーカルをしていたのがミサキだ。はっきり言って音楽性はまるで違うが、どこかしら波長が合うものを感じた。ローションまみれもその一つだ。
自分の彼女捕まえて言うのもなんだが、ミサキは驚くほど可愛い。道行く人が振り返るほどだ。そのミサキがローションまみれになると、超エロくなる。特に、彼氏以外には見せないって言ってここで働くことを拒むくせに、着てくる服はいつも下着が透けて見える薄く白っぽい服ばかり。

ローションまみれのキスを終え、互いの体を愛撫しあう。俺は胸中心に、ミサキは俺の股間を撫で回す。店員には原則として触り禁止だが、彼女なら何をしてもいい。現に隣のテーブルからは喘ぎ声が聞こえる。ミサキが愛撫に飽きると、プールに行く。プールの中も全てローションだ。二人で一緒に倒れるように落ちる。柔らかいクッションのように俺たちを着水させると、あとは濃い原液が超重たく二人を包む。俺たちは水中でディープキスを重ね、ゆっくりと顔を出し、ミサキの顔のローションを俺が払ってやり、俺の顔のローションをミサキが柔らかい手で払う。
噴水もローションが垂れている。ミサキは噴水のローションを浴び、また顔中ヌルヌルになる。
俺はそのまま上がる。ミサキはプールサイド近くで潜り、そのまま息を止めて出てきて、人差し指で目だけ拭いながらテーブルに戻る。そしてそのまま俺たちは1発。ホテルと違ってこのときはミサキの方が元気だ。

たっぷり楽しむと更衣室の手前のシャワーでローションを落とす。店員にもう一度行きたいと言えば着替えてもう一度行けるが、そこまでは体力が持たない。

ミサキは最高の笑顔で帰る。少し湿ったままの髪を靡かせて。

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハワード(haword5555)

Author:ハワード(haword5555)
hawordの綴りが間違っているのは仕様です

Twitter...

ハワード 更新

カテゴリ

おしらせ (13)
単発WET小説 (20)
単発Messy小説 (5)
アイドルの楽しみ (10)
モデル体験記 (33)
AV女優という運命 (4)
シリーズ物(未定) (0)
雑文・その他 (14)
百合WAM小説 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

訪問者数(2009.2.21~)

最新記事

月別アーカイブ

Amazon

Amazon お気に入り

Amazon おすすめ商品

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。