2010-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Under the Water Cafe-Ryu-

街から1時間も電車に乗って、さらに30分も歩く。周囲にあぜ道が広がる場所、そこにその店はあった。
建物はとても大きい。知る人ぞ知るその店は、僕のような特殊な美を求める者のために作られた店だ。

僕は胸の高鳴りを抑え、ドアの取っ手を掴んだ。深呼吸をして、ゆっくりと扉を開いた。

「いらっしゃいませ」
甲高い声が聞こえた。見た目は普通の喫茶店だ。建物の大きさの割に喫茶スペースは小さい。かなり凝った作りで、壁はクリーム色で統一され、テーブルやチェアーも洋風のデザインになっている。レジカウンターの横にはブラウンのカーテンと奥に通じる通路があり、一見普通の従業員専用口に見える。
僕が行きたいのはそのカーテンの向こうだ。

「いらっしゃいませ」
メイド服のようなエプロンをつけた女性店員が笑顔でカーテンの前に立っていた。店員は背がすらっと高く、30代半ばと言うところだろうか、とても落ち着いた雰囲気だ。
「喫煙席ですか?」
「あっ、えーっと、店長代理はいらっしゃいますか?」
僕は少し声が上擦ってしまった。店員は慣れたように続けた。
「かしこまりました。それでは奥へどうぞ」

初めての来店の時は店長代理を呼ぶことがキーワードだ。2回目以降は会員カードを提示するだけでいい。

Under the Water Cafe-Ryu- »

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハワード(haword5555)

Author:ハワード(haword5555)
hawordの綴りが間違っているのは仕様です

Twitter...

ハワード 更新

カテゴリ

おしらせ (13)
単発WET小説 (20)
単発Messy小説 (5)
アイドルの楽しみ (10)
モデル体験記 (33)
AV女優という運命 (4)
シリーズ物(未定) (0)
雑文・その他 (14)
百合WAM小説 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

訪問者数(2009.2.21~)

最新記事

月別アーカイブ

Amazon

Amazon お気に入り

Amazon おすすめ商品

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。