2009-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モデル体験記(9)

次の撮影日、私は車で少し遠くまで連れていかれた。今日はパイ投げ。ワクワクしていた。
詳しく監督に聞くと、パイ投げだけでなく、チョコレートや粉まで掛けられるらしい。私とひなさんはもう大興奮だった。
撮影所に着いて、パイ投げの監督のトーキさんに会った。そこで一緒に撮影に参加する絵瑠さんという女性を紹介された。絵瑠さんは最近流行しているらしいアニメの水色ベースのセーラー服に、髪に黄色いリボンを付けて着ていた。ひなさんは着替え終わってピンク色のどこかのファミレスの店員さん?黒いコルセットが特徴的なものを着ていた。私もああいうのが着たいと思っていたら、監督から今日の衣装を渡された。絵瑠さんと同じエリの黒いセーラー服だ。ガラスの入った眼鏡もつけた。
まず私たち3人ともパイプ椅子に座り、ひなさんと絵瑠さんが後ろ手で手錠をかけられる。
「私はそれしなくていいんですか?」監督に聞いた。
「して貰ってもいいの?」
監督は答えた。私が勿論OKですよと言うと、冷たい手錠をガチャリと付けられ、鍵は監督のズボンのポケットに入った。台本を確認し、せりふを言う。
ひなさん「こ、こわいですぅ~」
絵瑠さん「ちょっと!こう言うのはみくるちゃんの役目でしょ!」
私は黙っていればいいらしい。ただし、なにをされてもリアクション一つとってはダメというのは辛いかもしれない・・・
ティッシュ箱くらいの箱に水色、黒、ピンク色、緑色の玉が入れられる。カメラの前で水色の玉が引かれ、絵瑠さんにパイが勢いよくぶつけられた。次は黒。私がパイをぶつけられた。パイは冷たく、ベトッとしていた。最後にピンク色。ひなさんだ。
今度は緑色がでた。3人同時にパイをぶつけられた。
システムは分かった。それぞれの服の色の玉を引き当てて、その人にパイをぶつける。緑の玉は全員、か。っていっても眼鏡の上についたクリームで全然見えないけど。
それでもほかの二人の声で今誰にパイが食らわされているか分かった。私はただただ呆然とパイを投げられ続け、見えないけどたぶん制服は真っ白けなんだろう。
いったん休憩になった。といっても次のシーンのためクリームまみれのままだったけど。監督は私の眼鏡を取り、次は眼鏡なしでの撮影だよ、と、目に付かなかった分としてパイを1つ食らわせてくれた。
次のシーン開始とともに冷たい液体が全員を(二人が声を出したからわかった)襲った。液体のクリームだ。固形クリームを洗い流すかのようにたっぷりと浴びせられ、ずぶ濡れになった。
ほとんど洗い流されるとまたパイが始まった。今度は玉なんか引かずランダムにポンポンとパイがぶつけられた。と同時に頭から小麦粉を振りかけられた。
粉が頭に盛ると、次はドロッとした液体が流れてきた。口元に落ちてきた液体をなめてみると、チョコレートソースだった。そのチョコレートを掛けられている最中も顔や体にパイが襲った。
しばらくパイが続くと中断になった。順番に手錠をはずされ、顔についたクリームを手で払った。服に付いたクリームは体に塗り付けた。
次に用意されたのは縦2m横1.5mくらいのケーキベッドだった。絵瑠さんがまずうつ伏せで落とされ、その左に私。ひなさんは絵瑠さんの右側にうつ伏せで倒された。監督とトーキさんが横からケーキを丸めだし、絵瑠さんにのっかる形でひなさんとくっついた。
ひなさんは
「うぷっ、涼宮さん、ごめんなさい」といい、絵瑠さんは
「有希!みくるちゃん!重いじゃない!」と言っていた。私は相変わらず黙っていなきゃいけなかった。しばらくひなさんと絵瑠さんが暴れる演技をして、ようやく解放された。
ケーキベッドの上で座り、ホースを渡された。ホースの水で体を流しながら今回の感想を言った。
「あの、一つ質問してもいいですか?」私は聞いた
「なんですか?」監督が答えた
「これ、何かのアニメの衣装なんですか?」
トーキさんが驚いていたが、本当に知らないのだ。
「そうですよ。ちょっと前に流行ったアニメです。」
やっぱり私は世間に疎いなぁ。
3人ともホースでクリームをだいたい洗い流すと、壁際に3人で立たされ、手をつないだ。なるべくくっついて立つと監督、ひろしさん、Dさんの3人でホースで強めに私たちに水を浴びせ始めた。顔を中心にざぶざぶ掛けられ、ビッショビショになった。気持ちいい!
ホースを止められると、最後に1杯ずつバケツで水を浴び、すべての撮影が終了した。

撮影自体は終了したのにまだパイは余っていた。気にせず服を絞ったりしていると、映像関係なしでパイを食らった。しかもただパイを食らうだけでなく、その紙皿を頭に押し上げられ、髪までまたクリームまみれ。さらに液体クリームを頭から浴び、また汚された。つぎは自分でパイを持ち、思いっきり自分の顔にたたきつけ、そのまま服に塗った。その格好のまま別室に行き映像チェックを始めた。

映像チェックが終わると部屋に戻り、またしばらくひなさんや絵瑠さんとケーキベッドやパイ、チョコソースで汚しあった。
それに飽きるとようやく片づけに入った。私たちは着替え終わると片づけを手伝った。

モデル体験記 (8)

ずぶ濡れでローションの感想を撮り、しばらく休憩になった。ひなさんは今日どこへ行っていたかを楽しそうに話してくれた。ずぶ濡れオフ、か。私も行ってみたくなった。
ローションの分の映像チェック。もちろん映像チェック恒例の?バケツの水をたっぷりと浴びた。
夕飯の時間になり、Dさんがお弁当を買い忘れていたことがわかった。せっかくなので私が手料理を振る舞うことにした。


監督「んまいっ!」

ひなさん「美味しい~どこで習ったの?」
私「学生時代に居酒屋でバイトしてたんですよ。そのときに覚えたんです。」
Dさん「弁当買い忘れて正解だったかも」
私「ふふふ。ありがとうございます。」

監督「彩夏さん、ちょっと聞きたい事があるんだけど」
私「なんですか?」
監督「前、アンケートしてもらったとき全項目OKってしてくれたじゃない?」
私「・・・ああ、はい。」
監督「こういう仕事ってあんまり目に付きにくいところにあるじゃない?何で知ったのかなって。それに、汚すのとかってやったことないって仰ってたのになんで引き受けてくださったのかなって。」
私「・・・えーっと、正直、最初はお金のためでした。っていうのは、元々やっぱり、生活費を稼がなきゃっていうのがあったんですけど、脱いだり行為をしたりっていうのは怖いですし、人見知りしやすいから接客とかは無理だったんですね。だからどうしようかと思って、昔ローカル局の深夜番組でパーツモデルとかフェチモデルっていう仕事があるってことを聞いてたのを思い出したんです。昔は結構テレビ見てたんで」
監督「『最初は』って?」
私「いや、何となく『ずぶ濡れって気持ちいい』って気持ちはあったんですけど、まぁ、とりあえずお金のために全部OKしといた方がいいかなって思って。だけど、泥の時あったじゃないですか。あの時に本気で好きになりました」
実際今もずぶ濡れでご飯を食べている。今となっては2日に1回はずぶ濡れになるほどのハマりようだ。
監督「こちら業界は怖くなかったの?」
私「正直いうと、怖かったです。監督の専門がAVっていうのがよけいに。あ、ですけど、監督とメールのやりとりをしたりしていくうちに大丈夫そうかなって思ったんです」
監督は奥さん(つまりひなさん)がいて、最初のうちはその奥さんが一緒に撮影に参加すること、何か不都合あれば直ぐに言って貰ってかまわないということ、撮影では水着絶対着用で下着以下にはしないということなど、契約の際文書にして残してくださったことから、信頼を置いたのだった。
監督「まあ、ね。」
私「ところで次の撮影はなんですか?」
監督「彩夏さん、パイ投げってわかります?」
私「はい。」
監督「次回はそれをひなと一緒にやるんですが、これは専門家のところへ行きます。」
私「専門家?」
監督「パイ投げについてはパイそのものをどのように作るかを私が知らないので、パイ投げ専門に撮っている人にお願いするんです」

帰りは曇っていた。しばらくひなさんと水を浴びせあいながら雨を待ち、雨が降り出したところで自転車で帰った。

モデル体験記 番外編 (2) 監督日誌

初の撮影はひなとつきあい初めてすぐにとった。1年程前である。
ひなとの出会いは水沢陽菜時代に愛美という女優からの紹介だった。「私は裸が基本だけど、彼女は服着てないと映してもらえないからねぇ、」なんていう冗談から私の大きな野望に発展したのだった。
AV監督というのは意外と自由が無く、製作会社に言われたとおりの内容から詳しく作るだけである。だから、自分が撮りたいものはごく僅かだ。しかしこちらもおまんま食わして貰っている身、文句は言えまい。
ずぶ濡れの女性の美しさは計り知れない。妖艶かつ無邪気。女性の魅力である「美しさ」と「可愛さ」を両方感じられるずぶ濡れというものはある意味最強の演出である。また、日常にはあまり存在し得ない世界であり、その幻想感も魅力の一つであると私は感じている。
水沢陽菜はずぶ濡れになることが多いタレントだった。テレビデビューは水死体役だったはずである。そのあどけない表情と、濡れたときにだけ現れる笑顔。笑顔のシーンは濡れていなくてもあるが、ずぶ濡れだと素の笑顔になっているように見えた。
ひなは妻であり、うちの看板女優だ。初めて撮影した映像と、モデル募集の告知を使ってホームページを立ち上げた。
撮影スタッフはDとひろしにお願いした。Dは職場の部下で、ひろしは大学の後輩。どちらとも趣味が同じ。

彩夏さんとの出会いはごく最近だ。撮影日は、これまで撮ってきたものが、最初のプールが6月の第1日曜日、泥の沼は次の日つまり月曜日だ。ある企業の社長であるひろしはわざわざ休暇を取って撮影に参加してくれたことは大変ありがたく思う。
にしても、彩夏さんはなぜWETモデルになってくれたのだろうか。ひろしが言うには相当デキるOLさんだったらしい。それこそ、たとえ前の会社から解雇されたとしてもほかの会社ででも成功できそうなものだが。実際ひろしも引き抜きについて語っている節があったし、言葉は丁寧でしなやか、色仕掛けのような馬鹿なマネはせず説得力のある話し方をする女性だという印象が強く伝わってきた。
それからもう一つ不思議なところがあった。WETモデルをするというのに服のままびしょ濡れになったのは一度きりだという。理性で物事を考える印象の彩夏さんが、あっさり「ずぶ濡れは気持ちいいんだ」という感情を受け入れているのが不思議でならない。またそれ以上に不思議なのは、こちらが提示した項目すなわち、「ずぶ濡れになる」「全身泥んこになる」「ローションまみれ」「パイ投げ」「粉まみれ」「食材messy」「街中でのWET」「一部の水責め」すべてに同意していることだ。ずぶ濡れ以外はすべて未体験であるにも関わらずあっさりOKしたのはなぜだろうか?

モデル体験記 番外編 (1)

今日は彩夏さんだけで撮影。私は毎年夏になると2週間おきに開催する『ずぶ濡れ感謝祭』というオフ会に呼ばれていた。
女性陣はあたし、愛美、今年大学生になった麗ちゃんと春香ちゃん、ネットアイドル兼コスプレイヤーの絵瑠さん、キャバ嬢の美緒ちゃんなど、9人。
男性陣は春香ちゃんの彼氏の昌樹くんと友達の博之くん、商社に勤めている景さんなど8人。それから今回は不参加だけど監督、ひろしさん、Dさん。
今回のテーマは川。カラッと晴れた夏の空の下、私ら9人はバケツや川への突き落としなどでびしょ濡れにさせられるのだ。もちろん男性陣もずぶ濡れになるんだけど。
会場となったのは廃道をぬけた森の中。清流がサラサラ流れ、人目に付きにくい場所だ。
まずそれぞれペアを組む。今回はあたしが一人ぬけてあとの8組ができあがった。あたしの号令とともにまず男性から女性にバケツの水を頭からプレゼントする。次に、今度は女性から男性に水をプレゼント。あとはもう思い思いのスタイルで水を掛け合ったり、後ろから水で襲ったり、川に潜ったりしてビチョ濡れになる。最初に参加できなかったあたしは男性からひとり一杯ずつ、手の空いているときに浴びせてもらい、久しぶりにあった麗ちゃんと春香ちゃんと美緒ちゃんとで水を掛け合う。
30分くらいでみんなあがって服を絞り、それぞれ休憩。ここでプレイや触ることは男女とも完全に禁止だけど、オナニーは認めている。だから男性陣はあたしらをオカズに自慰をしてくれる。逆に女性陣も互いの濡れ姿をオカズに?愛美と美緒ちゃんはオナニーをしていた。
男性陣のリクエストで春香ちゃんに一杯ずつ水を浴びせることになった。春香ちゃんはうれしそうに、「たっっぷり、浴びせてねっ」と笑った。
春香ちゃんは全員からだから計16杯、これ以上もう濡れることができないくらい水を浴びた。ボタッとしたブレザーの下のシャツとネクタイを軽く絞ると、次は美緒ちゃんに16杯。美緒ちゃんの黒いドレスは体からくっついて離れないようになっていた。続いてあたし。これ、体験してみてわかったけど、10杯目あたりで『もうやめて~』って言いたくなる。濡れるのは大好きなんだけど、服がぎゅっと締め付けて重くなる上に頭から冷たい水が休みなくかけられるから、めっちゃ疲れる~。で、あたしは長袖の白いセーラー服が透けて青のブラがまる透け状態。スカートもボッタリ貼りついて、気持ちいい~。次は愛美。愛美はブラウスを着てたんだけど、途中で帰りの着替えにしていたサテンのドレスに着替えて(一度男性陣の目の前で下着姿になって)、ざぶざぶ濡れちゃってた。
最後になってようやく麗ちゃんの番になった。「麗ちゃんは待たせちゃったから、僕らから2杯ずつプレゼントするね。」と、最初の16杯を麗ちゃん一人で浴びた後、春香ちゃんと背中合わせに座ってさらに男性陣からの2杯ずつ計16杯を浴びたのだった。麗ちゃんは何度も「もういいよ~」といいながら全部浴び、浴衣はよれよれになっていて半分脱げかかっていた。
それぞれ着ているものを直すと、麗ちゃんと春香ちゃんとあたしはしばらくお喋りをした。ときどき男性陣からバケツの水を浴びせられながら。
2時間くらい楽しむと解散になった。あたしは麗ちゃん、春香ちゃん、美緒ちゃん、愛美と帰った。麗ちゃんと春香ちゃんは途中の公衆トイレで着替えたけど、あたしらはずぶ濡れのまま帰った。

撮影現場に戻ると、彩夏さんがヌルヌル液にまみれて笑っていた。気持ちいいかどうか聞いたら、「たまんない!」だそうだ。

モデル体験記 (7)

朝起きると、ひなさんは用があって出かけていた。今日の撮影は私だけ。ローションまみれになるのだ。
まず水着。その上から体操服を着て、それからブラウスとロングスカートを着た。

「彩夏さん、今日する事はわかってるね?」監督が聞いた
「あ、はい。ローション、ですよね。」
「そう。今日は彩夏さんのために特別に用意したローションだよ。さ、入って。」
監督に誘われて部屋に入ると、白い猫足の大きなバスタブと青いバケツ数個が並んでいた。よくみるとどれにも気泡が入った液体が入っている。
「こんなに・・・」
「そう。今日はヌルヌルになっちゃうね」
「あ、はい・・・」
「覚悟はできてる?」
覚悟・・・・そうか。確かに結構覚悟がいるかも。でも、覚悟はもうしてる。
「はい。大丈夫です。」
撮影開始。
「はい、彩夏さん、今日は」
監督さんに続けて言う
「はい、ろ、ローション・・・・・ですね。」
「まず触ってみようか。」
バケツに入ったローションに指を入れる。先週もらったサンプルのよりずっと粘りけがあって、指を出すと糸のように液体が垂れていた。
「どう?」監督が聞いた
「えっ、んーと、面白いかなぁ?」
「それじゃあね、座って。」
私はバスタブの横のビニールプールに座った。
「それじゃいきますよ。」監督はバケツを頭の上に持ってきた。
「えっ?えぇー!!」と叫んだ刹那、大量のヌルヌルの液体が頭から襲った。
一瞬にしてローションまみれ。髪がねっとりと顔に貼りついた。私は髪を整えると、下に流れたローションを体に塗り付けた。
「どうですか?」監督に聞かれ、私は正直に答えた。
「気持ちいい、です。」
監督は次にローション風呂に入るように指示した。私はヌルヌルの床に戸惑いながら掴まり立ちをしてローション風呂に入った。しばらく自由に塗ったり浸かったりして遊んだ。
「彩夏さん、素潜りの練習、しよっか。」
「え゛?あ、はい。」
ひろしさんに耳栓をもらい、しっかりとつける。耳の中にローションが入ると水よりやっかいだからだ。ゆっくりとひざを曲げてお尻を滑らせると、仰向けにローションの中へ。顔を入れる決心がなかなか付かない。もう耳までローションまみれだけど。
すると、監督は柄杓で私の顔にローションを浴びせた。私はゆっくりと顔をローションに沈めた。

監督に手を引っ張って起こされると、目から鼻からローションが垂れ落ちた。なんだか凄く恥ずかしい。だけど目を開けられない。目の周りのローションを手で拭い、ゆっくりと目を開けた。服はよれよれ。髪はピカピカ光って、面白かった。続いてうつ伏せ。頭を膝に近づくように入れ、監督に背中を押さえつけられる。3秒くらいローションに全身が浸かり、監督に手を引っ張ってもらって一気に立ち上がった。前が見えない・・・ローションまみれの手で目についたのを拭い、ゆっくりと目を開けた。監督に支えてもらいながら先ほどのビニールプールにたつ。たっていられないから浴槽に掴まりながら。
耳栓をはずし、ローションまみれの服をなでる。ヌルヌルベトベトで、気持ちいい。
「しばらくそのまま遊んでてもらえる?バケツ一つ使っていいから。」監督はそういうと、カメラの方にまわった。私はローションを手ですくっては体に塗ったり、頭から浴びたりした。ひろしさんがペットボトルに入れたローションを頭からかけてくれた。
「気持ちいい?」監督が聞いた。
「はい。」
「どんなふうに?」
「服がベターって貼りついてるのに、ヌルヌルしてるから?かな?」
「今の自分の姿見てみる?」
私は軽く頷いた。監督は姿見を持ってきた。見た瞬間、
「うわぁ・・・」と声を上げてしまった。ベトベトになった体や顔からトロンと液が流れている。ひろしさんがバケツのローションをゆっくりとかけてくれた。右目が覆われて見えなくなったけど、ネバッとした液体が私に流れる姿が左目に焼き付いた。鼻からにゅるっと液体が流れて恥ずかしかった。
「はい、今度はね、もう一度耳栓をして、ちょっと両手をあげて」
私は耳栓をして、万歳をした。監督の指示で右手で左手の手首をつかみ、バスタブの先ほどは足側だったところに水面に向かって立った。そのままゆっくり前に倒れる。腰を曲げ、水面ぎりぎりに顔を近づけた。するとひろしさんが右手首をつかみ、息を大きく吸うように指示され、ローションの中へ引っ張り込まれた。そのまま潜り、底面ぎりぎりをゆっくりと進んで、頭側から引き上げられた。バスタブの縁をつかむと体を引き寄せて顔を水面に出した。呼吸を整えると頭から特大のバケツ1杯分を浴びた。
「ぷへぇ・・・」なんて声を漏らしてしまった。バケツを浴び終わるともう一度自分で潜り、バスタブから出た。クタクタで頭はカラッポだったけど、気持ちよかった。そこでいったん撮影終了。水分補給と休憩をはさみ(もちろんローションまみれで)、次の撮影。次はローションまみれ生着替え。まずブラウスを脱ぎ、スカートを脱ぐ。下の体操服は脱がないようにはがすのは一苦労だった。ぼったりとした体操服は当然下の水着を透けさせてくれていた。そして、ジャージを上から着たうえにセーラー冬服を着るんだけど、どちらの服もローション風呂に沈ませてから着る。まずはジャージを沈ませ、私は自主的に耳栓をして頭だけ風呂に突っ込み、あがったところでジャージを取り出し、すぐに着始めた。でもやはり変なところで貼りついて、重たいローションまみれの服は凄く着づらい!10分以上かけてようやく着終わった。続いて冬セーラー。もちろんバスタブにつけ込んで、ジャージの上から着る。その最中ずっとひろしさんはペットボトルでローションをかけてくれた。
「着終わった?OK?」監督に聞かれて頷いた瞬間、バケツのローションが頭から襲った。これでしばらくローションで遊び、ようやく終了。
とそこへ、湿った服を着たひなさんが帰ってきた。たぶんどこかでずぶ濡れになってそのまま帰ってきたんだろう。ローション気持ちいいか聞かれたから、「超気持ちいいよ!」と正直に答えた。
ひなさんに手伝ってもらってローションを洗い流し、昨日濡らした服(もう乾いていたけど)を着て、また池に入ってずぶ濡れになった。

ローションネタで困ってますw

タイトルのとおり、ローションネタで困ってます。
というのも、私はローションというものに触れたことがないからです。
とりあえず参考になるAVを探し・・・・と言うのは建前で結局のところ抜けるローション動画やDVDを探し、
それを参考にしていくしかないようです。

「動画ファイルナビゲーター」を駆使し、あーけーさんのイラストを参考にし、そして何よりもっとも参考になりそうな、高橋kou監督の作品に浸ったり。

高橋kou監督の作品は最も参考になります。
なにしろ、「濡れたjk」シリーズは、服のままローションを浴びてくれちゃってますからね。
尊敬します・・・どころか、崇拝します。高橋kou監督。

しかし、それでも私の小説にはもう一つの要素があります。

全くあのモデル体験記の監督は現実感(リアリティ)を追求するあまり、服をわざわざ古着にしています。
これはどういうことかといいますと。
監督が(自分のさじ加減だがw)言うには
1.ずぶ濡れになる服というのは、たいてい使い古した服だ。長年好きで着ていたこの服はずぶ濡れになるとどのような変化を見せるだろう、という期待がこめられている。あるいは、今来ているこの服を突然濡らしちゃった。そういった場合新品ではおかしいのではないか?
2.ずぶ濡れになった女性の魅力は「服が貼り付いたときの体のライン」と、「濡れた服から透けてみえる下着」にこそあると思う。モデルの彩夏さんには水着を着てもらっているが。
例えばセーラー服の紺色冬服の場合、新品ならば光沢や撥水加工、パリッとした感触があるが、3年着た物となるとそれらがすべてなくなり、服の貼り付く体のラインがはっきりと見える。また合服の白の場合も、透けた感じがアップするので、余計にセクシーに見える。

だからです。
だから、その感覚を出したものを探すとなると、完全に妄想の世界で、ローションを手にしたことのない私にどう描けと。
そういうわけで、更新が遅れております(言い訳)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハワード(haword5555)

Author:ハワード(haword5555)
hawordの綴りが間違っているのは仕様です

Twitter...

ハワード 更新

カテゴリ

おしらせ (13)
単発WET小説 (20)
単発Messy小説 (5)
アイドルの楽しみ (10)
モデル体験記 (33)
AV女優という運命 (4)
シリーズ物(未定) (0)
雑文・その他 (14)
百合WAM小説 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

訪問者数(2009.2.21~)

最新記事

月別アーカイブ

Amazon

Amazon お気に入り

Amazon おすすめ商品

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。